assoc

assocコマンドを使用すると、ファイルと拡張子の関連が表示される。
assocコマンドに引数を何も用いずに単独で使用すると、全ての拡張子に対する関連情報が表示されるため、パイプでmoreコマンドを用いるなり、リダイレクトを使った方がよい。

拡張子を指定すれば、その拡張子に対するファイルの関連性のみを表示することができる。

【コマンド例その1】拡張子txtを指定する 

C:\>assoc .txt
.txt=txtfile

【コマンド例その2】拡張子を指定しない

C:\>assoc
323=h323file
.386=vxdfile
.3g2=QuickTime.3g2
.3gp=QuickTime.3gp
.3gp2=QuickTime.3gp2
.3gpp=QuickTime.3gpp
.669=Winamp.File
.aa=
.aac=QuickTime.aac
.aca=Agent.Character.2
.acf=Agent.Character.2
.acg=Agent.Preview.2
.acl=ACLFile
.acs=Agent.Character2.2
.acw=acwfile
.adts=QuickTime.adts
.ai=
.aif=Winamp.File
.aifc=QuickTime.aifc
.aiff=Winamp.File
.amc=QuickTime.amc
.amr=RealPlayer.AMR.10
.ani=anifile
.aom=AOM
.api=AcroExch.Plugin



(省略)