mkdirコマンドでディレクトリをいっきに複数作成する

はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに追加

mkdirコマンドはコマンド名から推測できる通り、新規にディレクトリを作成するコマンドである。ウインドウズ操作ではディレクトリは1つ1つ作成する以外ほか無いが、コマンドプロンプトでmkdirコマンドを使えば、階層が深いディレクトリを1回のコマンドで作成することができる。

基本は『mkdir ディレクトリ名』

『mkdir ディレクトリ名』でコマンドプロンプト上でディレクトリを作成することができる。

階層が深いディレクトリを一発で作成するには

例えば、カレントディレクトリ配下から5階層も下のディレクトリを作成する場合は、以下のようなコマンドでそれが可能となる。

mkdir

まず、上図はDドライブのsampleディレクトリでtreeコマンドを実行し、サブフォルダが1つも無いことを確認している。

次に、D:\sample>mkdir hoge1\hoge2\hoge3\hoge4\hoge5 コマンドを実行している。これは、mkdirコマンドの引数に5階層分のディレクトリを指定して実行している。

最後にtreeコマンドで再確認をしてみると、hoge1〜hoge5の5つのディレクトリがいっきに作成されたことが確認できた。