コマンド『prompt』で、プロンプトの表示をカスタマイズする

はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに追加

コマンドプロンプトのコマンド『prompt』で、プロンプトの表示部分をカスタマイズすることができる。恐らく、日付時刻を表示したい方がいると思う。 まずはその日付時刻を表示させてみる。

『prompt $d$s$t$s$p$g』 と入力する

プロンプト表示

上図を見ると、日付、空白、時刻、空白、カレントのパス、>が表示されている。

これは、prompt $d$s$t$s$p$gの

$d:日付
$s:空白
$t:時刻
$s:空白
$p:カレントのドライブとパス
$g:>

に対応しているため、このような表示が可能となる。
$とアルファベットの組み合わせを機能文字という。

また、時刻をくわしく見ると(上図黄線部)、12:29:07.18となっている。
最後の18の部分は、100分の1単位で秒を表示している部分である。
すなわち、細かい時間測定も可能となる。

通常のプロンプト表示に戻したい時は

上図の下部のように、promptと入力するだけでよい。

機能文字一覧(アルファベット順)

使用できる機能文字一覧を紹介する。
あなた好みの表示にカスタマイズすることをお勧めする。

機能文字

表示内容

$_

改行

$+

PUSHDによるスタック数を表示

$a

&

$b

|

$c

(

$d

現在日付

$e

ANSIエスケープコード

$f

)

$g

>

$h

バックスペース

$l

<

$m

ドライブに対応するリモート名

$n

現在のドライブ名

$p

カレントのドライブとパス

$q

=

$s

空白

$t

現在時刻

$v

Windowsのバージョン

$$

$