コマンドプロンプトのパイプ機能

はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに追加

パイプを使って、あるコマンドの実行結果を、もうひとつのコマンドが受け取って、
処理をするということができる。

パイプ記号

コマンドの組み合わせ

dirの実行結果を1画面づつ見たい場合

1画面ごとに画面を停止するフィルタコマンド『more』を使う。

パイプ

画面最下部に『-- More --』と表示されている。
この時、スペースを押下することによって、
1画面に収まらなかった実行結果の続きを見ることができる。