コマンドプロンプトのリダイレクト機能

はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに追加

リダイレクトを使えば、コマンドプロンプトの実行結果の出力先を、
標準出力画面(コマンドプロンプトの画面)から、
テキストファイル等に切り替えることができる。

実行結果があまりにも長い場合や、ログとして保存したい場合に使う。

主なリダイレクト記号

上書き

>>

追記

dirの実行結果をresult_dir.txtに上書き保存する

C:\Documents and Settings\command>dir > result_dir.txt
C:\Documents and Settings\command>

上の網掛け部分を見ると、dirの実行結果が、表示されていないことがわかる。
リダイレクトを使って、result_dir.txtに実行結果を書き込んだためである。

そのテキストファイルの中身を見ると、
正常に保存されていることがわかる。

リダイレクト