コマンドプロンプトのテンプレート機能

はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに追加

コマンドプロンプトのテンプレート機能を使って、過去に実行したコマンドを再利用することができる。つまり、再び手入力する必要が無いというわけである。ぜひ覚えておきたい。

テンプレート機能一覧(キーとそれに対応する動作)

F1

テンプレートから1文字づつコマンドを出力する

F3

直前に実行したコマンドを出力する

F7

テンプレートに記憶されているコマンドを一覧表示する

F8

テンプレートに記憶されているコマンドを順に表示する

F2

任意の一文字を指定する

(2012/1/18修正 F2の項目が2行ダブっていたため1行削除。ご指摘ありがとうございました。)

例:F7キーを押下して、コマンド一覧を表示する。

(2012/1/15修正 F8ではなくF7でした。ご指摘ありがとうございました。)

コマンドプロンプトでいくつかのコマンドを実行後、
F7キーを押すことによって、
今まで使ったコマンドの一覧を表示することができる。

下図中央の小ウィンドウから、↑↓キーでコマンドを選び、
エンターキー押下で再実行できる。

テンプレート

この機能を知らないプログラマは、私の現場経験上、
以外にも多くいらっしゃったことを記憶している。